さまよう刃

book30.jpg久しぶりに本読みました。これは随分前に兄が家に置いていったものですが、私も東野圭吾氏の作品はそれなりに読んでいたので気にはなっていた。ようやく時間にゆとりができて読んでみようと思いました。


少年犯罪、加害者への復讐などが絡んだ作品。殺人の描写は身の毛がよだつという言葉が合う。私には少しきつい位な感がある。加害者はあまり登場せず、ほとんどが復讐を企てる被害者家族と刑事に視点があり、結末が気になり途中でやめられなくなります。
ボリュームもそこそこあるので値段の割にはお得かと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください