ソウル・サーファー

サメに襲われ左腕を失いながらもプロを目指して再起した実在のサーファー、ベサニー・ハミルトンの実話を映画化。13歳の時にベサニーはサメに襲われ左腕を失ってしまう。絶望し、サーフィンを辞めて新しい生活を始めたベサニーだったが、どうしてもサーフィンを忘れることができず、再びプロサーファーを目指すことを決意する。家族に支えられながら厳しい特訓を繰り返し、競技大会に出場する。


片腕を失った状態をどのように撮影したのかが不思議なくらい自然な映像になっている。
ソウル・サーファー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください