GAIQ(Google アナリティクス個人認定資格)の合格まで

GAIQとは、Google Analticsの習熟度を認定する資格で、Google Analtics個人認定試験に合格した個人に与えられるもの。
以前から存在は知っていたもののわざわざ取得しなくてもと思っていたのだが、時間が空いたのを利用して受験してみた。そこで合格までをまとめてみた。

スポンサーリンク

キッカケ

GAIQ取得のキッカケは、クライアントから「Google Analyticsを使えるの?」などと聞かれるたびに「ええ、まあ」と曖昧な返事を返していたものの、もう少し自信を持って返事をしたいと思っていて、また仕事柄Google Analyticsを使用することは多いのだがなんとなく感覚的に使っていたので一度しっかりと学んでみたいと思っていて、資格があるならそのために学ぶのもよいかと思ったからだ。

概要

正式名称:Google アナリティクス個人認定資格
登録料:無料
制限時間:90分(途中で止められない)
問題数:70問
合格:正答率80% ※再試験には1週間が必要
有効期限:18か月
問題形式:選択問題

受験のしかた

受験するには、まずGOOGLE PARTNERSプログラムに登録する必要がある。
登録を済ませたら、GOOGLE PARTNERSにログインして、「認定資格」から「Analytics」をクリック。するとページの右のほうに「試験を受ける」が表示されるのでクリックして受験を行う。

勉強方法

01. まずは受験してみる

試験料が無料のうえ再試験まで1週間と短期間ということを考えると、試験内容に関する情報をWebでざっくりと集めたらまずは受験してみることをオススメする。わたしの場合、初めて受験したときは71%でした。gaiq1回目
そこそこ自信はあったものの結果は不合格。お試しで受けてみたものの、不合格になるとそれなりにショックですね。。。ただ試験中に不合格になることがわかったので、どのような問題がでて自分がわからないところを確認することにした。そこでわかったことは、私の場合比較的新しい分野については詳しくないということ。実際受験してみて問題の傾向と試験のやり方、自分の苦手分野などがわかったところで次の勉強を行なった。

02. Googleが提供している学習ガイドを行う

Googleが正式に提供しているアナリティクスIQ試験の学習ガイドに沿って勉強する。学習ガイドではデジタルアナリティクスの基礎とプラットフォームの仕組みの2つを受講するよう薦めている。この2つは両方ともビデオ学習なのでひたすら見つづける(日本語版だと字幕を読み続ける)ことしかないのだが、眠くなることと自分のペースで学習を進めることができないのが非常に苦痛だ。そのため私の場合、Wordを開き随時そこに要点を書いていくことにした。また再生速度を1.25~1.5倍にすることでペースを調整した。全てを見終えるまでかなりの時間を要するので少しずつ進めていくのがオススメ。また各章の映像の下に問題があるので必ず解くようにした。gaiq デジタルアナリティクスの基礎
またその他ヘルプを見ろということが書かれているが、全てを読むことはせず必要に応じて読むことにした。
なお、デジタルアナリティクスの基礎は日本語版があるのだが、プラットフォームの仕組みは日本語版がないので英語版を見るしかない。私の場合は英語がわからないので、デジタルアナリティクスの基礎のみをみることにした。

03. 模擬問題全75問付き!GAIQ対策テキスト(参考書)をやる

学習ガイドを終えたものの解いた問題をほとんど解いていないため以下の参考書を買ってやってみた。

下記サイトと被っている部分はかなり多いいがヘルプをひたすら読むよりはスムーズに勉強できる。こちらは解説を1度目を通した後、問題を3回ほど解いき、間違ったところの解説をさらに詳しく読んでみた。その際にチェックシートとしてこのEXCLEを使った。

04. Webから情報を収集する

その後Web上に試験問題がないかを探してみたが、大量の問題がまとまっているサイトはほとんどなかった。問題が少しし載っていないがサイトがあったので、これらのサイトで過去問を解いてみた。

  • GAIQ対策講座
    問題が全部で88問載っているサイト。探したサイトの中では問題の掲載数が一番多いのでよく利用した。ただいくつかの正解が不明なところと解説が44問程度までしか見ることができないところがあるので注意が必要。また情報が比較的古いように感じる点もある。3回くらい解くことをやってみた。
  • WEB担のぼやきブログ GAIQ試験過去問題対策 解説付き15問解答メモ
    解説付きで15問載っているサイト。
  • webマーケティングを0から学ぶ
    情報量は多くないものの1回目の試験で自信がなかったところの解説が載っていたサイト。
  • inside of tactsystem GAIQ 気になる問題
    こちらも情報量が多くないが1回目の試験でわからなかったところの解説が載っていたサイト。

終わりに

上記の通りに勉強を進めることでなんとか合格できた。この試験を通してGoogle Analyticsに関する曖昧だった知識を整理できたりGoogle Analyticsの操作において出したい数字が以前よりも早く出せるようになった。またクライアントとの話のネタの1つになるところも良い点かと思う。
またこの資格は18ヶ月という有効期限があるので、今後も更新していけるよう定期的に新しい情報を仕入れ知識を整理していこうと思う。アナリティクス認定資格表

急いで合格がしたい方は

急いで合格したい場合は参考書をひたすら解きまくる方が早いと感じた。ただその場合上記の参考書だけでは問題が足りないので他の参考書を購入することをオススメする。試験で出題される問題はランダムに出されているが、3度の試験でダブっているものが多かったことからおそらく問題は100~120問程度なのかと思われる。その程度なら何度も問題を解くことで回答を覚えてしまう方が時間的には早いと感じた。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください