ロスジェネの逆襲

今話題のテレビドラマ「半沢直樹」の続編にあたる「ロスジェネの逆襲」は、半沢直樹が出向させられた証券会社での話だ。そこで自分の会社である東京中央銀行と企業買収で争うことになる。

前作と変わらず半沢の筋の通った働きぶりが、読んでいて爽快な一冊。

ロスジェネの逆襲

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください