バーレスク

シェールとクリスティーナ・アギレラ主演のミュージカル・ドラマ。
ロサンゼルスにあるラウンジ「バーレスク」に、アイオワの田舎町から歌手を夢見て出てきたアリ(アギレラ)がやってくる。バーレスクの経営者であるテス(シェール)にステージに立つことをお願いするも、どこの馬の骨ともわからないアリは相手にされず、ウェイトレスとしてラウンジで働くことになる。あるきっかけからステージに立つことを許され、徐々に才能を開花させ、成功の道を歩んでいくサクセスストーリー。

ストーリーとしてはどこにでもあるようなもので、一度観れば「もう、いいかな」と感じてしう。特に、バーレスクの買収を阻止するシーンは雑すぎてあっという間に解決してしまい、バーレスクの危機でもなんでもないように感じてしまうくらいだ。ただ、アギレラの歌唱力は惹きつけられるものがあり、その点だけは見ごたえがある。

バーレスク
バーレスク [DVD]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください