AOL、Netscapeブラウザ開発事業から撤退へ

昨年末12月29日,米AOLが2月1日をもってNetscapeのサポートを終了すると発表があった。つまり現状のバージョン9(日本語版は7.1)にて打ち切られるということ。ブラウザのダウンロードはできるが、正式なサポートがなくなるそうです。
Netscapeといえば、個人的には大学のPCのブラウザがそうだった。色々と言われていたが、現日本語版7.1はかなり良かったと思います。CSSもしっかり効いてくれるし。どこぞのブラウザに比べれば格段にお利口である。そんなブラウザがなくなってしまうのは残念なことだが、その精神はFirefoxに受け継がれるそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください