不格好経営―チームDeNAの挑戦

以前から気になっていたがKindle本がでていなかったので購入を控えていたが、読んでいた本を読み終えて一応探してみたらKindle本がでていた即購入。

DeNAの立ち上げから社長退任、その後の代表権のない取締役になるまでを紹介している。
以前の仕事を振り返るとすんなりうまくいったことよりも何かハプニングやトラブルがあった仕事のほうが記憶に残っている。著者もそうなのかさまざまなハプニングが紹介されていて、またそのハプニングに著者がどのように対応したかを赤裸々に告白している。

 

本書を読んでいると思うのが、「決断や行動の早さ」と「あきらめない」こと。
マッキンゼーでコンサルタントとして、またハーバードでMBAを取得した経験をもってしても経営がうまくいかないのだから、自分はもっとがむしゃらにやらないといけないと痛感させられる一冊である。

文章自体は読みやすいものなので気楽に読めるのもまたよい。

不格好経営―チームDeNAの挑戦

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください